Acoustune、改良型第3世代ミリンクスドライバー&ステンレスチャンバー搭載イヤホン HS1300SS のカラーバリエーション『HS1300SS Dorado』を発表

2022年4月15日

Acoustune は、改良型第 3 世代ミリンクスドライバーを搭載し、音響チャンバー部に共振抑制効果のあるステンレスを使用したダイナミック密閉型イヤホンの限定生産カラーバリエーションモデル『HS1300SS Dorado(ドラド)』を 2022 年 4 月 15 日(金)より発売致します。



<製品概要>

HS1300SS Dorado』は HS1300SS の製品仕様はそのままに、金色のアノダイズ処理を施したゴールド色を採用しました。ブラスト加工されたハウジングへのアノダイズド処理により光沢が適度に抑えられ、上品でシックなゴールド色の仕上がりとなっています。



製品URL:https://www.acoustune.jp/hs1300ss-dorado



 

<HS1300SS 製品概要(HS1300SSシリーズ共通)>

医療グレードのポリマーバイオマテリアル「ミリンクス」を振動板に採用することで、従来のダイナミック型ドライバーを凌駕する高解像度と豊かなサウンドステージを可能にする独自技術「ミリンクスドライバー」。『HS1300SS』は、 HS1500シリーズで採用された第3 世代ミリンクスドライバーに、第4 世代ミリンクスドライバーで得られた技術と知見のフィードバックを行いリファインした、「改良型第3 世代ミリンクスドライバー」を搭載。また独自構造であるモジュラーメタルボディはそのまま、ダイナミックドライバーの改良に伴い、心臓部を支える音響チャンバーの素材を共振抑制効果の高いステンレスへ変更。ドライバーの性能を引き出し、主に低域のレスポンスと音質劣化を改善、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しました。次世代のAcoustune デザインアイデンティティーを採用し、ハウジング形状も改善。イヤーピース位置を2段階で調整できる2wayノズルを搭載。コネクターにPentaconn Ear、ケーブルには新ケーブルARC61 を採用しました。


<主な特徴>

-次世代のAcoustune デザインアイデンティティーを採用

『HS1300SS』は、次世代のAcoustune デザインアイデンティティーを採用。各寸法の最適化と人間工学を考慮した更な るハウジング形状の改良を行いました。また、ノズル部にはロングとショート、イヤーピース位置を2段階で調整できる 「2way ノズル」を採用し、様々な耳形状へ対応します。HS1300SS ではフィッティング性能を向上させ、より装着しやす いデザインを実現しました。


-改良型第3 世代ミリンクスドライバー搭載

人工皮膚や手術縫合糸などに使われるポリマーバイオマテリアル「Myrinx(ミリンクス)」を振動板素材に採用。医療用合 成基材ですが、振動板素材としても非常に高い音響性能を誇る高機能樹脂です。このミリンクスを薄膜化し、ドライバー構造に最適化した10mm 径の振動板は、軽量でありながら高い強度と柔軟性を合わせ持ち、過渡特性に優れた高解像度且つ広いダイナミックレンジで音楽の再生を可能にします。このミンクスドライバーは、ドライバーを格納する音響チャンバー部と、コネクターを格納する機構ハウジング部を完全分離して相互干渉を防ぐ「モジュラーメタルボディ」に格納す ることで、さらなる高い応答性を獲得。より正確な低域再生も可能にします。『HS1300SS』は、HS1500 シリーズで採用 された第3 世代ミリンクスドライバーに、第4 世代ミリンクスドライバーで得られた振動膜テクスチャー、コイル、マグネット、チューニングプロセスなど様々な知見と技術のフィードバックを行った「改良型第3世代ミリンクスドライバー」を搭載。HS1000、HS1500、HS1550 シリーズの歴史を踏襲し、HS1600 シリーズの知見を投入した次世代のAcoustune ヘリテージモデルです。


-モジュラーメタルボディ&ステンレスチャンバー

本体のハウジングは、音響チャンバー部(ドライバー格納)と機構ハウジング部(コネクター格納)を完全に分離したモジュラ ー構造を採用。音響部分と機構部分との相互干渉を低下させる事により音質劣化を抑制します。『HS1300SS』は、ダイナミックドライバーのリファインに伴い、その心臓部を支える音響チャンバーの素材を、よりドライバーの性能を引き出す為にステンレスを採用。音響チャンバー部にステンレス、機構ハウジング部にアルミニウムを採用しています。100%CNC 切削されたステンレスチャンバーは、チタンに匹敵する高い硬度により、共振抑制効果が向上、ドライバーのレスポンスも改善します。HS1300SS では主に低域のレスポンスと音質劣化を改善し、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しています。


-Pentaconn Ear コネクター採用

(株)日本ディックスが設計・生産する高音質・高信頼性を誇る新IEM コネクター「Pentaconn Ear(ペンタコンイヤー)」コネクターを採用。従来型のMMCX コネクターよりも、プラグ部分とソケット部分がより密接に接触し、伝導性能に優れます。また、脱着の容易性と堅牢性の両立も実現しています。


-8 芯構造の新OFC ケーブル「ARC61」

『HS1300SS』には、HS1500 シリーズで採用されたOFC ケーブルであるARC11 に、次世代Acoustune ケーブルの設計思想を掛け合わせた新ケーブル「ARC61」を採用。2 重ツイスト8 芯構成のARC61 は、336 本の極細線OFC ワイヤーの芯線構成により導体抵抗値を極限まで抑制。オーディオ信号の伝達ロスを防ぎ、周波数全域でのS/N 比向上を実現しています。被覆には、⾧年ケーブルに携わったエンジニアが制振性能に拘って選定した日本製のPVC を使用。これにより外部からの振動を防ぎ、タッチノイズを抑制します。また、Y 字スプリッターやプラグ部の部品には、新仕上げのメタルパーツを採用しました。OFC らしい滑らかで芯のある音質を目指した、設計と歴史をリスペクトしたケーブルになります。


-高いフィッティングと音響を実現するAET イヤーピースとキャリングケースが付属

Acoustune イヤホン開発時のリファレンスとしても使用されている「AET07」をはじめ、中域から低域の厚みを増す「AET08」、遮音性重視のダブルフランジ「AET06」の3種類のシリコンタイプイヤーピースと、フォームタイプの「AET02」

の合計4 種類のイヤーピースを同梱。音質劣化を避け、高いフィッティングと好みに応じた音傾向の変化で、幅広い音響体験を提供します。また、イヤホン本体を保護しつつ持ち運びを容易にする便利なキャリングケースも付属します。